読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現実:空想=3:7くらい

舞台の感想とか、思った事を素直に綴る。舞台って楽しい。人生って楽しい。

CHaCK-UP―Episode.0― ~ドルステってやっぱり楽しい!

---

<公式サイトより>

 

「CHaCK-UP」シリーズ、新作公演決定!!

初の二都市上演!!

クルーたちの出会いがついに明らかに!?

---

★CHaCK-UPキャプテン、天王星人★レイより通達★

 

我々CHaCK-UPが、地球にて舞台に挑戦することになった。

これまで様々な場所で演技というものを学んできた我々の

今の姿を是非観てほしい。

諸君に会えることを楽しみにしているぞ。

---

~STORY~

 

天王星第一皇子の

エステランサ・レイリンボン・ティターナー7世。

戴冠式を間近に控え、落ち着かない日々を送っていたが、

式が近づくにつれ、思いがけない事故や事件が起こりだす。

次第に彼を狙う影の姿が浮かび上がってきて……

 

レイ皇子の定められし運命とは?

そして、彼を護りし者たちとは?

『CHaCK-UP―Episode.0―』、乞うご期待!

---

 

★物語の核心部分についてのネタバレは出来る限り控えていますが、一部ネタバレが含まれますので、ご注意ください。★

 

とうとうこの日がやってきました!CHaCK-UP公演新作。

このエントリーはドルステの事をなんとなく知っていて、ちょっと気になっている、という人に見てもらえたらいいなぁという想いで書いてます。

 

 

 

また新しい扉を開けました、アイドルステージ。

思った以上にミュージカルだった!

正直言うと、本公演の発表があった時に「いや、なんでミュージカル?」って思いました。CHaCK-UPは「SOJ学院の生徒が演じるアイドル」ってのが面白さの一つで、それが観れるのが舞台パートなのに!って思ってました。

ですが、今回の舞台パートは「宇宙人の彼らの出会いの物語」。結論から言うと、SOJ学院の彼らと、宇宙人としての彼ら、両方からお話が構築されるって面白い!

もちろん今回のは「CHaCK-UPが演じている」って言われてるから、実際の出来事ではないのだけれど…でも、想像できる部分が2倍になった。楽しすぎる!面白すぎる!!特に面白いと感じた点をいくつか紹介させて下さい。

 

①これこそアイドルステージ。笑いあり。涙あり。

ここ最近で一番笑った舞台だった。亀田真二郎さんの脚本はやっぱりコメディが好き。笑い、笑い、笑い、そして最後はちゃんと良い話。ドルステはどうしても舞台パートが普通の舞台より短時間でまとめなきゃいけないから、話は薄めなんだけど、それを生かしたスピード感が素晴らしい。今回は特に笑いパート多めで、単純に楽しめた。

そしてやっぱり曲が好き。大石憲一郎先生の曲、とっても好きです。

 

②新しいドルステの形

ミュージカルパートという新しい試み、私はすごく今後のドルステに可能性が見えた。

どうしても、色々な事情で舞台パートが出来ない時。ミュージカルパートなら成立させられるんだ。これは、解散と言う選択をしなくても、ドルステを今後も続けられるように製作側が考えてくれたのかなって思ってる。思わせてほしい。

「続ける」って重要な事だから、続ける為にミュージカルパートの導入とか、1曲を色々なメンバーが歌うスタイルの導入をしてくれたのかな。

 

③新グループも上手く生かされている

CHaCK-UPのお披露目はプレゼント◆5、三日月公演時だったんだけど、かなり出番が少なかった。舞台パートに一瞬、ライブパートで一曲。

でも、今回はCHaCK-UPメンバーを立てつつアンプラネットメンバーの出番も多め。しかも、今回はアンプラネットメンバーのパーソナリティもしっかり固まっているようで、表情豊かな可愛い彼らの一面をのぞき見る事が出来る。

ジャニーズ界のジャニーズJrのようなイメージ。ジュニア担、有りです…!

 

今回、皆約1年前とは顔つきとか、お芝居がすっごく変わってて、成長したんだなぁってしみじみ感じた。2015年の最初と最後に彼らを見れるって、ありがたい。そして、とうらぶやちっちゃな英雄を通してお友達知って、ドルステに興味を持った人にも是非観劇していただきたい!

前回のエントリーで「アイドルとお友達は別人!」を強く主張していたのになんだ?って思われるかもしれないけど、私自身お友達が気になってドルステに足を踏み入れてるので、お友達からドルステに入るって、一番王道な入り方なんじゃないかなぁって思ってる。

お友達が大好きで、お友達のアイドルを好きになるって素敵な事だと思うし、アナザーワールドの概念のせいで敷居が高く感じちゃうのはもったいない。

コールでお友達の名前言うとかはアウト。でも最低限それだけ守れてれば問題ないです!

(ドルステのマナーの話は最低限これでOKだけど、普通の舞台のマナーは普通に守ろう!)

あと、ペンライト持ってると楽しさ倍増するよ!!!

アナザーワールドって特殊な概念だから、人それぞれの自分のアナザーワールドがあるんです。私は現実逃避大好き人間だからアナザーワールドにどっぷり浸かるのが好き。もちろん、アナザーワールドと現実の狭間で、「お友達を演じるお友達」を楽しむのも有り!意見が違う人いっぱい居るから、裏を返せば好きなように解釈すればいいって思ってる。自分のアナザーワールドを構築するって、楽しい。

お友達を通じてアイドルを知ってもらって、アイドルを好きになってもらえたらこれほど嬉しい事ってないです。今でこそドルステはそれなりに大きいコンテンツになってきているけれど、継続には絶対にもっと多くのお客さんが必要だと思ってるから、ドルステをなくさない為にドルステをたくさんの人に知ってもらいたいなぁと思ってます。

 

ドルステには、普通の舞台・既存のアイドルの概念とはまた違う面白さがあるんだよ!

 

さてさて、CHaCK-UP―Episode.0― はまだまだ始まったばかりです。

 

≪東京公演≫

会場:紀伊國屋サザンシアター

2015年12月16日(水)~20日(日)

≪神戸公演≫

会場:神戸朝日ホール

2015年12月26日(土)・27日(日)

詳細:http://www.nelke.co.jp/stage/CHaCK-UP_0/

 

ご興味ある方は是非!